HOME>注目記事>廃車になる車を賢く処分!不用な車は買取依頼で手放そう

廃車を手放すタイミング

車を廃車にするタイミングは動かなくなったときだけではありません。動かなくなったり、修理をしたりするよりお購入したほうが安いとき、そして走行距離が10万キロをオーバーしていた初度登録が10年オーバーしている場合です。生産を終了していて部品などが入手困難な場合も廃車を検討しましょう。

車の廃車と買取りの違いを知ろう

2種類ある廃車の手続き

車の廃車には、車を廃棄する永久抹消登録と走行を中断する一時抹消登録があります。車をスクラップして二度と走行できない状態や災害などで車が走行不可能になったときに行う永久抹消登録と、ナンバープレートを外して一時的に走行をしない一時抹消登録という二種類の手続き方法があります。

車を現金に替えることができる買取り

車の買取は、買取専門店やディーラーなどの業者や個人に車を買取ってもらい現金などを得る方法です。一般的には買取された車は中古車として販売されるため細かく確認が行われて買取価格が決定します。

廃車になる車を賢く処分!不用な車は買取依頼で手放そう

車の模型とお金

買取前に査定が大事!

買取前の査定によって、得られる金額には差がでます。査定には車だけでなく、車検証や自賠責保険証書が必要ですしさらにはちょっとした準備が必要です。準備とは掃除です。ボディを洗って磨き上げておくだけでなく、車内も掃除をしておきましょう。車外や車外どちらもきれいな車は大切に乗っていた車と査定されることもあり、汚い車は掃除だけでなく日頃の整備も不十分だったのではと判定されてしまいます。またすでに社外品を車に取り付けている場合にはできる限り純正に戻しておきましょう。純正に近い車ほど査定額がアップする可能性があります。

廃車買取業者を見つけるためのポイント

車の模型

簡単に業者を探したいときにはインターネット

廃車買取業者を簡単に見つけたいときには、インターネットを活用しましょう。複数の業者を見つけることができますが、その中から信頼できる業者を数社探し見積もりを依頼しましょう。

整備工場やディーラーなどに相談

インターネットでは信頼できるかできないかが判別できないというときには、日頃から利用している整備工場やディーラーなどに相談してみましょう。

レッカー費用の有無

廃車予定であっても、自走できるケースとできない場合があります。できない場合にはレッカーで引取りを行うため費用が発生してしまいますが、業者によってはレッカー費用を無料になる場合もありますので自走できない車を廃車する場合にはレッカー費用に注目してみましょう。

手続きの費用

廃車するためには手続きが必要です。自分で行うこともできますが、業者が代行してくれますが有料です。手続きが心配でもできれば費用をかけたくないという場合には、無料で代行してくれる業者もありますので確認してみましょう。

車種や状態によっては査定が付くことも

廃車のための回収業者といえども、車種や車の状態には査定が付く場合もあります。可能であれば複数の業者に査定をしてもらいましょう。